スポーツジムで運動前後に行うストレッチの種類ややり方

運動をする前には体をほぐしておくことが必要です。

急に体を動かして激しい運動をすると、こわばったままの筋肉がついていけずに怪我をするリスクが高まります。

ここでは、スポーツジムで運動前後に行うストレッチの種類ややり方について説明します。


スポーツジムで運動前後にストレッチをする意味、メリット

スポーツジムで運動前後に行うストレッチについて

スポーツジムで運動前後に行うストレッチについて

スポーツジムで運動前後にストレッチをする意味は以下の三つです。

  • 体の緊張をほぐす
  • 怪我対策
  • 筋肉痛の軽減

スポーツジムで運動前後にストレッチをすることで体の筋肉のこわばりをほぐすためです。

筋肉がこわばったまま運動をすると怪我の元になります。

また、運動後に筋肉が疲労している状態のままでは、筋肉痛がひどくなってしまいます。

ストレッチをすることで筋肉痛を和らげることができます。

スポーツジムで運動前後にストレッチをするメリットについて

スポーツ前にストレッチをすると体をほぐして体を温めることができます。

体が温まった状態で運動をすると代謝のアップが早まるため、脂肪燃焼効果が高くなります

また体を温めることで可動域も広くなるため体の動きが良くなるメリットもあります。

運動後には筋肉が疲労しています。

ストレッチをすると心身ともにリラックスすることができるメリットがあります。

ストレッチには動的ストレッチと静的ストレッチの2種類があります。

運動をする前には動的ストレッチ、運動後には静的ストレッチをすることがおすすめです。

ストレッチをすることによって、代謝アップができるため、冷え症の改善にもつながります。

さらに体温を上げることができるので、安眠にもつながります。

運動前後だけではなく日頃からストレッチをすることは、体の不調の予防や改善に効果的です。


スポーツジムで運動前に行うストレッチの種類、やり方

スポーツジムで運動前に行うストレッチの種類、やり方

スポーツジムで運動前に行うストレッチは体の柔軟性を高めるためや体をほぐし体温を上昇させるために行います。

ストレッチを行い体を温めることができると、スポーツジムで運動をする際に、最大限の効果を得やすくなります

スポーツジムで運動をする前のストレッチはダイナミックストレッチがおすすめです。

ダイナミックストレッチは体を動かしながらストレッチをすることです。

子どものころに行っていたラジオ体操はダイナミックストレッチの最も基本的なものです

ラジオ体操を通して行うと、運動をする前に体が準備をすることができます。


ダイナミックストレッチのやり方

運動効果をさらに高めることができるダイナミックストレッチのやり方を三つ紹介します。


肩甲骨

足を肩幅に開き、両手を肩に当てます。

肘を大きく回すようにして腕を回すと肩甲骨の動きが良くなります


ハムストリングス

歩きながら背中を曲げないように注意しながら片足を振り上げます。

振り上げた足のつま先を足と反対側の手でつかみます。

左右同じように行います。

激しい運動をする前にはハムストリングスストレッチをしておくと良いです。


股関節

まっすぐに立ち片足を上げます。

膝の頭を中心に股関節を回していきます。


スポーツジムで運動後に行うストレッチの種類、やり方

スポーツジムで運動後に行うストレッチの種類、やり方

スポーツジムで運動後に行うストレッチはスタティックストレッチです。

運動をした後は筋肉が温まっています。

クールダウンさせることで筋肉がこわばることを防ぐことができる上に、筋肉疲労の回復を図ることができます。

運動からしばらくたってしまうとストレッチをしても効果が低くなってしまいます。

運動後の体が温まっている時にストレッチをしましょう

スタティックストレッチの中で最も一般的なものが、前屈です。

立った状態から勢いをつけずに息を吐きながらゆっくりと前屈をしていきます。

痛いけれど気持ちが良いところまできたら停止して、体を伸ばし普通に呼吸をします。

これを1回から3回行います。背中を丸めると太ももの裏側をしっかり伸ばすことができないため、注意してください。


スタティックストレッチのやり方

運動後に行うおすすめのスタティックストレッチのやり方を二つ紹介します。


ももの表側

地面に横になり、下側にくる足を前に出し膝を90度に曲げます。

曲げた膝を両手で抱え、上にくる足を後ろに曲げていき、手で足首を持ちます。

かかとはお尻につくように引っ張ることで体を伸ばすことができ気持ち良いです。

30秒を目安に足を交代してストレッチを行います。


ふくらはぎ

片足を伸ばし、もう片方はあぐらを組むようにして座ります。

伸ばした方の足先を伸ばして側の手でつかんでふくらはぎを伸ばします。


まとめ

スポーツジムで運動前後に行うストレッチの種類ややり方のまとめ

スポーツジムで運動前後に行うストレッチの種類ややり方について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • スポーツジムで運動前後にストレッチをすると体をほぐすことができる
  • 運動後にストレッチをすることで筋肉痛を和らげることができる
  • スポーツジムで運動後に行うストレッチはスタティックストレッチ

スポーツジムで運動前後にストレッチをすると体をほぐすことができる上に怪我の予防や筋肉痛の緩和にもつながります。

スポーツジムで運動前に行うストレッチはダイナミックストレッチです。

体を温め可動域を広げることができ、運動効果を高めることができます。

運動後に行うストレッチはスタティックストレッチです。

運動後の疲れた筋肉をクールダウンさせる効果があります。

運動を終えて体が温まっている時にストレッチを行うことがおすすめです。

運動前後だけでなく、日ごろからストレッチをしていると、代謝が良くなり柔軟性も上がり体調も良くなります

体が温まっているお風呂から出た後にストレッチをすることがおすすめです。

 

おすすめパーソナルトレーニングジム

24/7ワークアウト

24/7ワークアウトは完全個室でマンツーマンでレッスンを受けられるパーソナルトレーニングジムです。

トレーナーにも絶対の自信を持っていて、2ヶ月で最高マイナス18kgの実績と安心の全額返金保証制度があります。

食事指導もありますが、3食食べる健康的なダイエットを行っているため、食事制限を厳しくしたくない人も安心です。

駅近の店舗も多く、ライザップよりも安い価格でパーソナルトレーニングを受けたい人は近くに店舗があるかチェックしてみてください。

24/7ワークアウトの店舗を見てみる



ライザップ

結果にコミットする」でおなじみのライザップは、知名度、実績ともにNo1のパーソナルトレーニングジムです。

完全個室のスポーツジムでマンツーマントレーニングができ、毎日メールで食事指導を受けることで短期間のボディメイクを目指します。

価格は高めですが、その分モチベーションを高めることができますし、個室で厳選されたトレーナーの指導を受けることができます。

トレーニングの成果を実感できない場合や、転勤等で通えなくなった場合など、全額返金保証制度がありますので、もしもの時にも安心です。

店舗数も日本トップクラスなので、まずは近くに通える店舗があるかチェックしてみてください。

ライザップの店舗を見てみる



エクスリム

エクスリムは完全個室でパーソナルトレーニングを受けることができ、プライベート感たっぷりの環境で自分にあった筋トレや食事メニューでダイエット、ボディメイクを進めることができます。

食事制限は最低限で、食べながら痩せるのがエクスリムのパーソナルトレーニングメニューの特徴で、無理なく健康的なメニューになっていて脱落することも少なくやり遂げる人が多いのも特徴です。

2か月で体重や体脂肪率などを目標の値まで落としていきますが、トレーニング後も4ヶ月間のアフターフォローがついている点も安心です。

エクスリムの詳細を見てみる



pairs2