ダンベルを使った部位別の筋トレ方法

ダンベルがあると自宅でジムのように筋トレを行うことが可能です。

ダンベルが一つあると色々なバリエーションの筋トレを行うことが可能です。

ここでは、ダンベルを使った部位別の筋トレ方法について説明します。


ダンベルを使った部位別の筋トレ方法

大胸筋を鍛える

大胸筋を鍛える

ダンベルプレス
仰向けに寝て胸の横あたりでダンベルを持ち、肩甲骨を寄せて胸を張りながらダンベルを上に持ち上げます。

その後元に戻します。

肩甲骨を寄せて行うと大胸筋への負荷がかかり効果的な筋トレを行うことができます。


背中を鍛える

デッドリフト
ダンベルを持って足幅は肩幅より少し広めにします。

背筋を伸ばして、お尻を引きながらダンベルを足元まで下げ、その後元に戻します。

背筋を伸ばしたまま行わないと腰を傷める原因になるため、注意が必要です。


下半身を鍛える

スクワット
ダンベルを持ち通常のスクワットを行います。スクワットは膝を出し過ぎると膝を傷める原因になります。

スクワットの正しいフォームを確認することが大切です。


肩を鍛える

ダンベルショルダープレス
ダンベルを肩のあたりで持ち、そのまま上に持ち上げます。

その後元に戻します。立ったまま行っても良いですが、座ったまま行ってもかまいません。


腕を鍛える

ダンベルカール
逆手でダンベルを持ち、そのまま巻き上げます。上腕二頭筋を鍛えることができます。

トライセプスキックバック
ベンチなどの台の上に片手と片足を乗せ、もう片方の手はダンベルを持ち肘を90度にします。

ひじをまっすぐ伸ばし、90度ひじを曲げます。これが一連の動きです。

上腕三頭筋を鍛えることができます。


まとめ

まとめ

ダンベルを使った部位別の筋トレ方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • ダンベルプレスは大胸筋を鍛える
  • ダンベルを持ちスクワットは下半身を鍛えることができる
  • トライセプスキックバックは上腕三頭筋を鍛えることができる

筋トレ時にダンベルを使って行うと効率よく筋肉を鍛えることができます。

ダンベルプレスは仰向けに寝て胸の横あたりでダンベルを持ち上に持ち上げる動きです。大胸筋を鍛えることができます。

下半身全体を鍛えるにはダンベルを持ち、通常のスクワットをすると効果的です。

 

おすすめパーソナルトレーニングジム

24/7ワークアウト

24/7ワークアウトは完全個室でマンツーマンでレッスンを受けられるパーソナルトレーニングジムです。

トレーナーにも絶対の自信を持っていて、2ヶ月で最高マイナス18kgの実績と安心の全額返金保証制度があります。

食事指導もありますが、3食食べる健康的なダイエットを行っているため、食事制限を厳しくしたくない人も安心です。

駅近の店舗も多く、ライザップよりも安い価格でパーソナルトレーニングを受けたい人は近くに店舗があるかチェックしてみてください。

24/7ワークアウトの店舗を見てみる



ライザップ

結果にコミットする」でおなじみのライザップは、知名度、実績ともにNo1のパーソナルトレーニングジムです。

完全個室のスポーツジムでマンツーマントレーニングができ、毎日メールで食事指導を受けることで短期間のボディメイクを目指します。

価格は高めですが、その分モチベーションを高めることができますし、個室で厳選されたトレーナーの指導を受けることができます。

トレーニングの成果を実感できない場合や、転勤等で通えなくなった場合など、全額返金保証制度がありますので、もしもの時にも安心です。

店舗数も日本トップクラスなので、まずは近くに通える店舗があるかチェックしてみてください。

ライザップの店舗を見てみる



エクスリム

エクスリムは完全個室でパーソナルトレーニングを受けることができ、プライベート感たっぷりの環境で自分にあった筋トレや食事メニューでダイエット、ボディメイクを進めることができます。

食事制限は最低限で、食べながら痩せるのがエクスリムのパーソナルトレーニングメニューの特徴で、無理なく健康的なメニューになっていて脱落することも少なくやり遂げる人が多いのも特徴です。

2か月で体重や体脂肪率などを目標の値まで落としていきますが、トレーニング後も4ヶ月間のアフターフォローがついている点も安心です。

エクスリムの詳細を見てみる



pairs2