ライザップのトレーニングに有酸素運動がない理由

痩せるためにジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行っているかたは多いです。しかしライザップでは主に無酸素運動が行われ、多くのダイエット成功者を生み出しています。

ここではライザップのトレーニングに有酸素運動がない理由や、ライザップのやり方で痩せることができる理由について解説していきます。


ライザップのトレーニングに有酸素運動がない理由

ライザップのトレーニングに有酸素運動がない理由

ライザップのトレーニングに有酸素運動がない理由には、「筋肉が落ちる」「食欲増進作用がある」などがあります。


筋肉が落ちる

有酸素運動を行うことで、筋肉が落ちる恐れがあります。筋肉量の減少は基礎代謝の低下を招くため、痩せにくく太りやすい体質になりやすいです。

そのためダイエットに成功するためには、筋肉量を減らさず反対に筋肉量を増やす必要があります。

有酸素運動は通常の場合長時間行われます。その分、必要となるエネルギー量も多くなります。

しかしダイエット中は、体脂肪を減らすために糖質などエネルギー源の摂取は抑えられることから、エネルギー不足を招いてしまいます。

すると体は、筋肉を構成しているたんぱく質を分解することで新たなエネルギーをつくり出そうとします。

その結果、筋肉量が減少して基礎代謝も低下するため、ライザップでは有酸素運動は行われません。

また有酸素運動には皮下脂肪の燃焼効果もあります。しかし皮下脂肪は、体内のグリコーゲンや筋肉などよりも分解しにくい特徴があります。

そのため有酸素運動を長時間行うことは、ダイエット失敗のリスクを増やすことにつながりやすいです。


食欲増進作用がある

食欲増進作用がある

有酸素運動をして体内にある多くのエネルギーを消費することは、食欲の増進を招きます。

ダイエット中は体脂肪を減らすために、エネルギー量の多い食事を抑える必要があります。しかし食欲が湧いてしまうと、糖質の高い食べ物を摂取したり食べすぎたりすることにつながります。

さらにドカ食いのように、ダイエットとは正反対の行動を取る恐れもあります。脳が体のエネルギー不足を生命の危険と判断して、防衛本能が働くためです。

有酸素運動は、たとえ軽いジョギングでも下半身を中心に腕や体幹など全身の筋肉を長時間使います。

そのためのエネルギーは、体内のグリコーゲンや筋肉からつくられます。しかしグリコーゲンが蓄えられる量には限界があります。

特に肝臓に蓄えられている肝グリコーゲンが多く消費されると、脳が生命の危険を強く感じ取りやすくなります。

その結果、食欲が抑えられなくなり、余分なカロリーや糖質を摂取してダイエットの成功から遠ざかってしまいます


ライザップのダイエット論理と痩せる理由

ライザップのダイエット論理と痩せる理由

ライザップではエビデンスにもとづいたダイエット論理でプログラムがつくられているため、多くの会員が痩せることに成功しています。

エビデンスとは医学的根拠のことです。実際に医学専門誌「医学と薬学」では、ライザップのダイエット理論が肥満や高脂血症改善に効果的と掲載されています。

ライザップでは最新の運動力学や栄養学、解剖学などをもとに、プロスポーツ選手も用いている最先端のプログラムが会員一人ひとりに合わせて作成されます。

そして会員の体質や目標を分析し、最適なトレーニング法や食事管理がマンツーマンで行われます。


ライザップのトレーニング法

ライザップでは、基礎代謝量を増やすためのトレーニング法が採用されています。

基礎代謝とは普段生活している時に使われるエネルギーのことです。エネルギー消費量の約60%は基礎代謝と言われていることから、基礎代謝量の増加を重視しています。

基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やすことが必要です。筋肉量が多くなった分、基礎代謝量も増えるためです。

そのためのトレーニング法は、無酸素運動の筋力トレーニングが中心です。トレーニングは、効率的に筋肉量を増やすために会員の筋力に合わせた負荷で行われます。

セットの終盤では自力では持ち上げることができない重量に設定されますが、トレーナーが補助します。そうすることで筋繊維の隅々まで刺激を与えることができ、筋肉量が効率的に増加するためです。


ライザップの食事管理

ライザップの食事管理

ライザップの食事管理は、基礎代謝量増加の効率化と体脂肪減少のためにトレーナーと管理栄養士によって行われます。

トレーニングでの筋肉量増加をサポートするため、食事はたんぱく質やビタミン・ミネラルが多いメニューが中心になります。

また体脂肪減少のため、糖質の摂取は特に厳しく管理されます。そうすることで、筋肉量を増やして太りにくく痩せやすい体質をつくりながら、体脂肪を効率的に減らすことができます。

食事制限をすることで強いストレスになる会員もいます。そのためライザップでは、ストレスを軽減しドカ食いを防ぐための食事指導も行っています。

たとえばアルコールの摂取です。

ビールや日本酒などの醸造酒は糖質が高いため飲むことはできません。しかし焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は糖質が含まれていないため、飲んでも問題ありません

ただし飲みすぎは食欲を増進させたり肝機能の低下につながるため、適量に抑えることが重要です。


まとめ

ライザップのトレーニングに有酸素運動がない理由のまとめ

ライザップのトレーニングに有酸素運動がない理由や、ライザップのやり方で痩せることができる理由について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 有酸素運動をすることで筋肉が落ちたり食欲増進作用が出たりするため、ライザップでは有酸素運動は行われない
  • ライザップではエビデンスにもとづいたダイエット論理でプログラムがつくられているため、多くの会員が痩せることに成功している
  • ライザップでは基礎代謝量を増やし体脂肪を減らすため、無酸素運動や糖質制限食が行われる

多くのダイエット法では有酸素運動が推奨されています。しかしライザップでは有酸素運動は行われず、代わりに無酸素運動の筋力トレーニングが中心に行われています。

基礎代謝量を増やして、太りにくく痩せやすい体質をつくるためです。

さらに無酸素運動と食事制限を組み合わせることで、効率の良いダイエットができます。

このような医学的根拠にもとづいたダイエット理論で、多くの会員がダイエットに成功しています。

ライザップの詳細を見てみる

 

おすすめパーソナルトレーニングジム

24/7ワークアウト

24/7ワークアウトは完全個室でマンツーマンでレッスンを受けられるパーソナルトレーニングジムです。

トレーナーにも絶対の自信を持っていて、2ヶ月で最高マイナス18kgの実績と安心の全額返金保証制度があります。

食事指導もありますが、3食食べる健康的なダイエットを行っているため、食事制限を厳しくしたくない人も安心です。

駅近の店舗も多く、ライザップよりも安い価格でパーソナルトレーニングを受けたい人は近くに店舗があるかチェックしてみてください。

24/7ワークアウトの店舗を見てみる



ライザップ

結果にコミットする」でおなじみのライザップは、知名度、実績ともにNo1のパーソナルトレーニングジムです。

完全個室のスポーツジムでマンツーマントレーニングができ、毎日メールで食事指導を受けることで短期間のボディメイクを目指します。

価格は高めですが、その分モチベーションを高めることができますし、個室で厳選されたトレーナーの指導を受けることができます。

トレーニングの成果を実感できない場合や、転勤等で通えなくなった場合など、全額返金保証制度がありますので、もしもの時にも安心です。

店舗数も日本トップクラスなので、まずは近くに通える店舗があるかチェックしてみてください。

ライザップの店舗を見てみる



エクスリム

エクスリムは完全個室でパーソナルトレーニングを受けることができ、プライベート感たっぷりの環境で自分にあった筋トレや食事メニューでダイエット、ボディメイクを進めることができます。

食事制限は最低限で、食べながら痩せるのがエクスリムのパーソナルトレーニングメニューの特徴で、無理なく健康的なメニューになっていて脱落することも少なくやり遂げる人が多いのも特徴です。

2か月で体重や体脂肪率などを目標の値まで落としていきますが、トレーニング後も4ヶ月間のアフターフォローがついている点も安心です。

エクスリムの詳細を見てみる



pairs2