スポーツジム用のシューズの選び方とおすすめ

スポーツジムで運動をする際、足を怪我から守り運動の効果を高めるために、目的に合ったシューズを選ぶことが大切です。

しかし、シューズは用途に応じて様々なつくりがあり、選ぶのが難しい用具の一つです。

今回はスポーツジム用のシューズの選び方をご紹介します。


スポーツジム用のシューズの選び方とおすすめ

スポーツジム用のシューズの選び方とおすすめ

ランニングやウエイトトレーニングなど、いろいろな種類の運動を組み合わせて行うかたや、ジムに通い始めたばかりでどのような運動をするのかはっきりと決めていないかたは、万能型のシューズを選ぶことがおすすめです。


万能型のシューズ

万能型のシューズは、一般にフィットネスシューズという名前でお店に並んでいます。

フィットネスシューズは、日常生活で履く靴よりも柔らかい素材で作られていることが多く、足になじんで運動しても疲れを感じにくいつくりになっています。

走ることを目的として作られたランニングシューズは、縦方向の動きに対応するつくりになっているのに対して、フィットネスシューズは、縦方向、横方向のどちらの動きにも対応できます。

そのため、軽いランニングやウエイトトレーニング、ダンスなどのあらゆる運動に使用することが可能です。

フィットネスシューズの靴底は、つま先部分とかかと部分の厚みにあまり差がありません

そのため、床に力を伝えやすい特徴があり、しっかりと床を踏みしめることができます。

フィットネスシューズを選ぶ際には、靴底の素材が重要なポイントです。


靴底の素材

靴底の素材

ソールにエアクッションやシリコンなどのゲル素材が使われているものは、衝撃を吸収する力が高く、足を守る力が高くなるためおすすめです。

足への負担を軽くするためには、ヒールの厚さが4cm程度のものを選ぶとよいでしょう。

また、足首までしっかりとカバーされているハイカットのデザインの靴は、安定性が高まり捻挫など、足首の怪我の予防になります。

ウエイトトレーニングに取り組むかたは、足裏で床をしっかり踏む感覚が必要ななため、靴底が厚めのものを選びましょう。

バーベルを使った運動などの本格的なウエイトトレーニングでは、安定感を重視することが大切です。


ランニングシューズ

ランニングにしっかりと取り組みたいかたは、ランニングシューズを選びましょう。

ランニングシューズのつくりは、靴底のつま先部分とかかと部分の厚みの差が大きくなっており、着地からけり出しまでの動きがスムーズです。

膝への衝撃を抑えるために、靴底に十分なクッション性があり、軽いシューズを選びましょう。

初心者は筋力が弱いことが多いため、靴底は少し厚めの4cmくらいが適しています。

レース用のシューズは薄底になっているものが多いため、練習用のシューズにすることがポイントです。


自分の足にあったシューズの見つけ方

自分の足にあったシューズの見つけ方

最後に自分の足にあったシューズの見つけ方です。

人の足はそれぞれ形や厚みが違います

自分の足に合わないシューズを履くと、運動の効果が得られないだけでなく、足のトラブルを引き起こす原因になります。

シューズを選ぶ前に自分の足のサイズを測りましょう

普段履いている靴のサイズは実際の足の長さとは異なる場合があるため、実際に自分の足の長さを計測することをおすすめします。

靴のサイズは、足の長さより1cm長いものを選びましょう。

多くのかたが、ジムには夕方から夜にかけて通いますが、人の足は、朝より夕方のほうがむくみのために足のサイズが大きくなります。

1cmの余裕があることによって、むくんで大きくなった足にも対応できます。

午前中にジムに通うかたは、靴紐をきつく締めることで調整しましょう。

次は足の幅です。

同じサイズの足でも、足幅が異なると履き心地が変わります

これは、実際に靴を試着して履き心地を確認することをおすすめします。

靴を履くときに使用する靴下を着用して、靴の試着をしましょう。

履いた時に、足裏のアーチが靴のクッションと一致するか、動いたときにかかとが靴から抜けたりしないかなどが確認するポイントです。

親指や小指に締めつけられたような感覚がないか、くるぶしやアキレス腱に靴が当たっていないかなどを確かめることも大切です。

どこかに当たる感じやこすれる感じがあると、靴擦れやまめができる原因になります。

日本人は足の甲が高い人が多いため、甲に合わせて大きめの靴を選びがちです。

しかし、大きめの靴は足が靴の中で動くため、しっかりと運動ができなくなるだけでなく、外反母趾の原因にもなります。

靴は、足の長さに合わせて選び、甲の部分は中敷きを変えたり、靴紐のしめ方を変えたりして調整することがおすすめです。


まとめ

スポーツジム用のシューズの選び方とおすすめ

スポーツジム用のシューズの選び方について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • いろいろな種類の運動をするかたや初心者はフィットネスシューズがおすすめ
  • ウエイトトレーニングやランニングを中心に行うかたは、それぞれの運動に適した靴を選ぶ
  • 自分の足の大きさを測り、試着して足に合う靴を選ぶ

ジム通いに必要な用具の中で、シューズは特に重要な用具です。

自分に合ったシューズを選べば、ジムでの運動が快適に行うことができ、効果もしっかりと現れます。

じっくりと選んで、ジム通いのパートナーとなる良いシューズを選んでください

 

おすすめパーソナルトレーニングジム

24/7ワークアウト

24/7ワークアウトは完全個室でマンツーマンでレッスンを受けられるパーソナルトレーニングジムです。

トレーナーにも絶対の自信を持っていて、2ヶ月で最高マイナス18kgの実績と安心の全額返金保証制度があります。

食事指導もありますが、3食食べる健康的なダイエットを行っているため、食事制限を厳しくしたくない人も安心です。

駅近の店舗も多く、ライザップよりも安い価格でパーソナルトレーニングを受けたい人は近くに店舗があるかチェックしてみてください。

24/7ワークアウトの店舗を見てみる



ライザップ

結果にコミットする」でおなじみのライザップは、知名度、実績ともにNo1のパーソナルトレーニングジムです。

完全個室のスポーツジムでマンツーマントレーニングができ、毎日メールで食事指導を受けることで短期間のボディメイクを目指します。

価格は高めですが、その分モチベーションを高めることができますし、個室で厳選されたトレーナーの指導を受けることができます。

トレーニングの成果を実感できない場合や、転勤等で通えなくなった場合など、全額返金保証制度がありますので、もしもの時にも安心です。

店舗数も日本トップクラスなので、まずは近くに通える店舗があるかチェックしてみてください。

ライザップの店舗を見てみる



エクスリム

エクスリムは完全個室でパーソナルトレーニングを受けることができ、プライベート感たっぷりの環境で自分にあった筋トレや食事メニューでダイエット、ボディメイクを進めることができます。

食事制限は最低限で、食べながら痩せるのがエクスリムのパーソナルトレーニングメニューの特徴で、無理なく健康的なメニューになっていて脱落することも少なくやり遂げる人が多いのも特徴です。

2か月で体重や体脂肪率などを目標の値まで落としていきますが、トレーニング後も4ヶ月間のアフターフォローがついている点も安心です。

エクスリムの詳細を見てみる



pairs2